X

Government Advisory

We offer governments strategic consulting on cyber security, and can help design and implement infrastructure to protect national and local governments, enabling them to respond to any threats in a proactive manner.

X

National Infrastructure

We can help create robust national infrastructure by providing security frameworks, training and security monitoring, and coordinating security testing with relevant government bodies. Our incident response solutions help contain and address any threats. We can additionally help with proactive techniques such as threat intelligence, helping to thwart attacks before they begin.

X

Heavy Industry

We understand how to protect the industrial control systems and associated infrastructure that heavy industry depends upon, and can design bespoke information security frameworks and provide incident response and recovery solutions.

X

Finance & Legal

Financial institutions are leading targets of cyber-attacks and espionage, offering cyber-criminals multiple avenues for profit through extortion, theft, and fraud. Our solutions for the defence of this sector range from security testing and monitoring through to digital forensics and threat intelligence.

X

Manufacturing

Manufacturing is exposed to many cyber risks including intellectual property theft and counterfeiting of designs by competitors; these can cost huge sums in terms of foregone revenues. Our ‘Risk and Governance’ services help maintain control over research and development activities, our training helps manufacturers understand their risk profile and our security monitoring helps alert companies to any threats.

X

Healthcare

The public disclosure of personal medical records is the primary cyber risk faced by healthcare institutions. We help protect all such sensitive data by means of rigorous security testing and monitoring.

X

Retail & E-Commerce

Famous retail names are under constant threat from direct hacking, denial of service and fraudulent imitation, which costs them or their customers billions of dollars annually. Our solutions enable the creation of secure, monitored and robust transaction infrastructures incorporating testing, monitoring and incident response capabilities.

Upcoming events

NCDインサイト#2-COVIDにより増加するランサムウェア:二重恐喝への対応 (Responding to Double Extortion Ransomware Attacks)
October 8th, 9AM-10AM (London) / 5PM-6PM (Tokyo)

About this Event

*本イベントは一部を除き日本語での講演となります*
アジェンダ Agenda
NCD Insight 第2回のテーマは「COVIDにより増加するランサムウェア:二重恐喝への対応」です。

ランサムウェアへの対応:英国ケーススタディ
NCSCのインシデント対応ディレクターを務め、Wannacryをはじめ多数のサイバーインシデント対応の指揮指導に携わったJohn Noble氏が、最近の英国での脅威観測状況を紹介すると共に、対応経験に基づくランサムウェア対応のポイントを解説します。

増加傾向にある二重恐喝
ファイル暗号化の前に情報を窃取し、暗号化解除の身代金を支払わない場合は情報を公開すると脅す二重恐喝が、国内外で増加しています。そして、その感染源には海外支店が目立ちます。インシデント対応のスペシャリストである名和利男氏が、日本企業が今取るべき対応を解説します。

*John Noble氏の講演のみ、英語となります。

NCD Insight
オンラインセミナーシリーズについて
全6回 毎月開催
NCD Insight(インサイト)オンラインセミナーシリーズは、[英国のサイバーセキュリティを日本企業の文脈で考える]をテーマに、グローバル拠点で活躍する企業に今必要なセキュリティ最新動向をお届けします。

コンセプト Concept
コロナ禍の影響を受けてデジタルインフラへの依存度が高まり、同時にサイバー脅威も高まっています。ひと・もの・ことが複雑に繋がりあったサプライチェーン構造においては、セキュリティの破綻が経済へ大きな影響をもたらす可能性があります。より安全でレジリエントな社会を築いていくためには、サイバーセキュリティが欠かせません。

グローバル拠点のセキュリティ
多くのサイバー攻撃は、組織のWeakest Link – 弱点を狙います。本社からの目が届きにくい、海外拠点がサイバー攻撃の入り口に利用されるケースが近年発生しています。しかし、遠く離れた拠点を守り切ることは困難であり、ローカルで提供できる機能と、求められるセキュリティ要件のギャップを埋めていくことが必要です。

本セミナーシリーズでは、本社・ローカル拠点それぞれの課題と、取るべきアクションを議論します。

英国の最新動向を読み解く
サイバーセキュリティは、日本国内だけの問題ではありません。

今、海外で何が起きているのか。違うアプローチはあるのか。海外から日本のセキュリティはどう見えているのか。
前半の講演では、英国のサイバーセキュリティ専門家が、テーマに沿って彼らの目線でセキュリティの今を講演します。

また、英国で起きていることは、日本企業にとってどんな意味があるのか。どう活用したらよいのか。後半ラウンドテーブルでは、国内有識者と英国事情を日本語で解説、国内の現状と照らし合わせて読み解きます。

Nihon Cyber Defence’s mission is to provide robust and confidential solutions, services and support to governments, corporates and organisations in order to protect them from all forms of cyber warfare aimed at financial, political or social disruption.

対象
英国に拠点を持つ皆様
英国ではインテリジェンスに根ざした特有のサイバーセキュリティ文化が発展してきました。本セミナーに参加頂くことで、英国特有のサイバーセキュリティへのアプローチを理解し、今拠点で取るべき具体的アクション、また英国内で利用できる情報・ツールが分かります。

国内でサイバーセキュリティに携わる皆様
本セミナーでは、英国と日本の取り組みの差分をポリシー・技術・文化など様々な観点から議論します。日英のアプローチの違いを知ることで、日本特有の強み、そして独自の課題を理解し、包括的なセキュリティ対策推進に活用いただけます。

本セミナーでは、チャット機能を利用して講演者へいつでも質問が可能です。

最新脅威情報を知りたい方も、これから海外拠点のセキュリティ対策を始めたい方も、お気軽にご参加ください。

開催概要 Overview
参加登録費は無料です。登録の際、メールアドレスが必要となります。

*gmailなど個人メールアドレスからのお申込みはご登録を取り消す場合があります。あらかじめご了承ください。

日時 Time and Date
2020年10月8日 17:00 – 18:00 (東京)/ 9:00 – 10:00 (ロンドン)

October 8th 2020 17:00 – 18:00 (Tokyo) / 9:00 – 10:00 (London)

形式 Format
Microsoft Teamsを利用した、オンラインでの実施となります。

登録後、参加方法についてご連絡いたします。

This seminar is an online event on Microsoft Teams platform.

Days
Hours
Minutes
Seconds