Tokyo

NCD partners with Defence Logic Jersey to provide SIEM for Japanese SME’s

September 27, 2018

Nihon Cyber Defence Co., Ltd (NCD) announced today that Defence Logic a Jersey-based cybersecurity consultancy and solution provider, has joined NCD’s Solution Partner Program. NCD will offer Defence Logic’s Security Information and Event Monitoring solution (SIEM) catering for the SMB /SME market.

As part of the rollout of the SIEM solution NCD has hired three MSc Graduates from Queens University Belfast’s Advanced Cyber Masters degree program who are currently being trained by Defence Logic in Jersey prior to deployment in Japan.

“Defence Logic’s SIEM solution is a perfect complement to NCD’s customer offerings.” said Cartan McLaughlin, NCD CEO. “We are eager to begin offering Defence Logic’s SIEM solution in Japan and our recent investment in the team being trained currently in Jersey is further evidence of our confidence in their product”.

About Nihon Cyber Defence

Based in Tokyo Japan, Nihon Cyber Defence Co., Ltd founded in 2017 and with over 25 years of experience in the Japanese financial technology market offers cyber security services and training across a broad spectrum of industries in Japan and Japanese clients overseas.

With offices in Bletchley Mansion (Home of the Enigma codebreakers) in the United Kingdom to service Japanese clients in the UK and an operational base in Belfast leveraging experience from the UKs Military and governmental agencies it brings a very deep understanding of the threats Japan faces today and in the future.

About Defence Logic

Defence Logic is a boutique cyber security company located in Jersey in the Channel Islands serving clients in many business sectors.

Their consultancy services include EU-GDPR, Cyber Essentials, Cyber Essentials Plus, ISO 27001 and IASME certifications.

 Defence Logic has developed a Security Information and Event Monitoring solution (SIEM) catered for the SMB /SME market aligned to the MITRE ATT&CK framework and the Cyber Kill Chain.

The Defence Logic mantra is “Protect, Detect and Respond”​.

R9B社が米国政府のサイバー部隊(USCYBERCOM)をサポートする委託契約を獲得

March 2, 2018

2017年11月16日掲載

 

9月に非上場企業になって以降、当社は多数の契約を獲得した。

 

2017年11月16日 コロラド スプリングズ - R9B(root9B, LLC)は、民間企業や政府にサイバー・セキュリティに関する高度なサービスとトレーニングを提供するトップ企業である。本日、直接の契約当事者であるサイエンス・アプリケーション・インターナショナル社(NYSE: SAIC)から、USCYBERCOMのサイバー空間での基本的分野に関するオペレーション、プラニング、トレーニング、エクササイズの能力を高め、サポートをするための委託契約を受けた。契約の執行期間は最長5年間である。

 

ジョイント・オペレーションズ・センター(JOC)&スペシャル・プログラム・サポート(SPS)タスク・オーダー2からの委託契約がR9Bに与えられたが、こらはメリーランド州フォード・ミードのUSCYBERCOMをサポートするためのものである。R9Bはマンパワーを提供し、それによりUSCYBERCOMが計画、コーディネート、統合、同期、トレーニングを行ない、国防総省の構成要素のオペレーションと防衛に従事する能力を向上させる。

 

委託契約によると、R9BはUSCYBERCOMとJOCに対して、サイバー空間での計画を策定し、積極的なインテリジェンスをコーディネートし、現在の業務に関する状況さらには世界のサイバースペースに影響を及ぼす事態を全体的に認識できるようにする。

 

「独立の非上場企業として存在した短い間に、R9B社はサイバー防御に不可欠な新規ビジネスをいくつも獲得しました。」R9BのCEOエリック・ヒプキンスは言う。「最近獲得した新規契約の数々は、わが社の人材、専門性、安定的な資本構成、そしてオペレーティング・プラットフォームについての信用と信頼の高さを反映しています。当社の経営陣そして技術陣はサービスの向上と専門性の提供に今後とも注力していきます。それにより企業と政府機関が今日そして将来直面するサイバー・セキュリティーの中心的な課題のすべてに対処できるようにします。」

 

九月にトラッカー・キャピタル・マネジメントLLCの関連会社に買収されてから、旧root9Bホールディングス社との関係を終えるまでの間に、非公開会社になったR9Bは民間セクターと国防総省の両方からいくつもの契約を受注した。これらは民間、州、連邦政府を含む幅広い業界の顧客をカバーしている。

 

R9Bについて

 

コロラド・スプリングスに本拠を置くR9B(root9B, LLC)は先端的なサイバー・セキュリティーに関するサービスとトレーニングを民間と政府の顧客に提供するトップ企業である。最先端技術、戦術的展開、特別なツール、そして任務についての深い経験を合わせ持つことで、R9Bのスタッフは米国のインテリジェンス・コミュニティ(諜報社会)でのバックグラウンドを生かして、脆弱性分析、侵入テスト、デジタル情報の法的分析、情報セキュリティに関する緊急対応、産業制御システム(ICS)セキュリティ、世界中のネットワークに関するアクティブな敵の追跡(HUNT)を行っている。

詳しくはこちらを参照のこと。www.root9B.com

 

メディア担当

エリカ・ヒプキンス

 

719.534.3994

erika.hipkins@root9B.com

SOURCE root9B, LLC

 

関連リンク

http://www.root9B.com

 

Nihon Cyber Defence Co., Ltd.

日本サイバーディフェンス 株式会社

Cartan.McLaughlin@NihonCyberDefence.co.jp

+81(0)7027972112

関連リンク

http://NihonCyberDefence.co.jp

 

 

Nihon Cyber Defence Co., Ltd.

November 18, 2017

日本サイバーディフェンス株式会社

日本企業は攻撃にさらされています。最も機密性の高い情報を確保するためには、攻撃をしかけてくる相手のやり口と同じくらい徹底的で執拗な戦略を持たねばなりません。弊社は企業ネットワークを内部から守るために今までの何十年にわたる訓練と経験を活用します。