X

Government Advisory

We offer governments strategic consulting on cyber security, and can help design and implement infrastructure to protect national and local governments, enabling them to respond to any threats in a proactive manner.

X

National Infrastructure

We can help create robust national infrastructure by providing security frameworks, training and security monitoring, and coordinating security testing with relevant government bodies. Our incident response solutions help contain and address any threats. We can additionally help with proactive techniques such as threat intelligence, helping to thwart attacks before they begin.

X

Heavy Industry

We understand how to protect the industrial control systems and associated infrastructure that heavy industry depends upon, and can design bespoke information security frameworks and provide incident response and recovery solutions.

X

Finance & Legal

Financial institutions are leading targets of cyber-attacks and espionage, offering cyber-criminals multiple avenues for profit through extortion, theft, and fraud. Our solutions for the defence of this sector range from security testing and monitoring through to digital forensics and threat intelligence.

X

Manufacturing

Manufacturing is exposed to many cyber risks including intellectual property theft and counterfeiting of designs by competitors; these can cost huge sums in terms of foregone revenues. Our ‘Risk and Governance’ services help maintain control over research and development activities, our training helps manufacturers understand their risk profile and our security monitoring helps alert companies to any threats.

X

Healthcare

The public disclosure of personal medical records is the primary cyber risk faced by healthcare institutions. We help protect all such sensitive data by means of rigorous security testing and monitoring.

X

Retail & E-Commerce

Famous retail names are under constant threat from direct hacking, denial of service and fraudulent imitation, which costs them or their customers billions of dollars annually. Our solutions enable the creation of secure, monitored and robust transaction infrastructures incorporating testing, monitoring and incident response capabilities.

Meet the Team - キアラン・マーティン

キアラン・マーティン

非常勤役員
シニアエグゼクティブアドバイザー

キアラン・マーティンは、オックスフォード大学ブラバトニック公共政策大学院の「公的機関の経営における実践」の教授です。

同校で教鞭を執る前は、GCHQの一部であるNational Cyber Security Centre(英国国家ナショナルサイバーセキュリティセンター)の創設者として、最高責任者を務めました。

過去10年の後半では、英国のサイバーセキュリティに対する対応の根本的な転換を主導しました。彼は、より介入的な姿勢へ全面的に変更することを提唱することに成功し、これが2015年の国家安全保障戦略で政府に採用され、2016年に彼のリーダーシップのもとNCSCが設立されることになりました。同期間に、英国は国際電気通信連合のグローバル・サイバーセキュリティ・インデックスで同率8位から1位になり、NCSCのモデルはカナダやオーストラリアなどの国で広く研究され採用されています。NCSCのアプローチは、インシデントに迅速に対応したこと、英国民にインシデントへの対応に関して明確で迅速なアドバイスを提供したこと、以前は機密だった情報を産業界に提供し、企業がより効果的に自己防衛できるようにしたこと、なりすましへの対応や悪意のあるサイトの迅速な削除など、自動サイバーセキュリティを大幅に改善したこと、サイバーセキュリティにおける英国のリーダーシップを世界に発信したことなどが評価されています。2020年の「New Year’s Honour’s list」でCB(Companion of the Order of the Bath)に任命されるに至ったキアランの功績は、米国をはじめとする世界各地でも評価され、表彰されています。

英国公務員としての23年間のキャリアの中で、キアランは内閣府でコンスティテューション・ディレクター(2011年~2014年)などの上級職を歴任しました。コンスティテューション・ディレクターは、スコットランド政府との間でスコットランド国民投票の基準を交渉したり、王位継承法を男性と女性の間で平等にするための陣頭指揮を執ったりしました。更に、2002年から2008年にかけては、内閣官房長官兼公務員本部長の主席秘書官、財務省常任事務次官の秘書官を務めました。

安全な技術だけでなく、財務省、内閣府、セキュリティサービスのいずれにおいても、責任のありかつ価値観に基づく政府の推進が一貫したテーマとなっています。北アイルランドで起きたトラブルは、政府の失敗によって引き起こされたものだと考えていたため、キアランは、すべての人のために機能し、信頼される、公正で公平な、よく運営された公共サービスの重要性を理解しています。NCSCに務める前に、彼はロンドンとエジンバラの大臣や公務員とともに2014年の独立住民投票の準備をサポートしたことを特に誇りに思っています。この投票においては、激しい論争が繰り広げられたものの、誰もが公正で法的に健全であると認めました。財政・国内外の安全保障・ホワイトホールの中央官僚機構に関する彼の知識は、経験と専門性を兼ね備えた稀有なものです。